株式会社グローブ・テック

EN

お問い合わせ

お問い合わせ

株式会社グローブ・テック

アプリケーション

電気検査・出荷検査 | 生産技術・接触不良の改善

グローブ・テックでは「出荷検査工程において接触安定性を向上させたい」という要望に対し、要求仕様や形状に合わせた検査コネクタの設計が可能です。
簡易接続による時間短縮や、導通不良の改善など無駄な時間やコストを削減する検査コネクタを提案します。

生産技術者向け電気検査アプリケーションの事例

アプリケーション事例

スマートメーターやパワーコンディショナ出荷検査用バットコンタクト

実製品では圧着端子をねじ止めしている製品の出荷検査において、ねじ止めする時間を短縮する為に、バットコンタクトを提案します。
コイルスプリングコンタクトを使用した多点接触により安定した大電流を通電させることが可能です。

モータ動作確認用バットコンタクト

モータに使用する端子台へバットコンタクトを押し当てて動作確認を行います。
汎用の端子台のボルト頭に合わせてバットコンタクトを設計・製作します。
ばね接触によりコンタクトスプリングプローブと比べると製品側への傷を最小限に抑えます。

ねじ山への直接通電

製品では丸型圧着端子をボルト止めしますが、出荷検査において、バンド付プラグを使用して、めねじ(タップ穴)へ直接通電が可能です。おねじに対してはバンド付ソケットにて対応いたします。

ZIFコネクタ (検査対象への傷を最小限に抑えるソケット)

通常、コネクタを嵌合すると検査対象であるプラグに摺動痕がつきますが、グローブ・テックが提案するZIF(ゼロインサーションフォース)ソケットは、プラグへの傷を最小限に抑えることが可能です。
挿入時、ZIFソケットの電気接点はプラグへの接触を最小限に抑え、挿入後に機械的に電気接点を締め込むことでプラグへの接触圧力を確保する構造です。

カタログダウンロードはこちら

お問い合わせはこちらから

  • 042-584-1020
  • 042-584-1030

お問い合わせフォームはこちら